Earth

『Taamchai: 日本の野草の四季(野草図鑑)』 を撮り集める中で、撮りためた写真のなかから『花ギャラリー/花写真』としてまとめた。ご笑覧いただければ幸いです。


- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13 - 14 - 15 - 16 - 17 - 18 - 19 - 20 - 21 - 22 - 23 - 24 - 25 - 26 - 27 - 28 - 29 - 30
- 31 - 32 -33-34-35-36-37-38-39-40-41-42-43-44-45-46-47-48-49-50-

花 検 索(掲載した花を検索できます)

【日本の野草の四季(野草図鑑・花図鑑):花リスト】
(310)ヒガンバナ(彼岸花)/ Dwarf Surprise Lily, Red Spider Lily
Higanbana
別 名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)、リコリス
科属名:ヒガンバナ科ヒガンバナ属(リコリス属), 花 期:秋(9-10月)


 撮影日時・場所:2017.9/中、四街道市山梨
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix D Vario 100-300mm/F4.0-5.6,
    ISO800, S1/400, F4.6, f336mm, 補正 0, 一脚


(309)ヒガンバナ(彼岸花)/ Dwarf Surprise Lily, Red Spider Lily
Higanbana
別 名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)、リコリス
科属名:ヒガンバナ科ヒガンバナ属(リコリス属), 花 期:秋(9-10月)


 撮影日時・場所:2017.9/中、佐倉市・上志津原ふれあいどおり
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix D Vario 100-300mm/F4.0-5.6,
    ISO800, S1/80, F5.0 , f282m, 補正 +1.0, 一脚


(308)ヒガンバナ(彼岸花)/ Dwarf Surprise Lily, Red Spider Lily
Higanbana
別 名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)、リコリス
科属名:ヒガンバナ科ヒガンバナ属(リコリス属), 花 期:秋(9-10月)


 撮影日時・場所:2017.9/中、佐倉市・上志津原ふれあいどおり
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix D Vario 100-300mm/F4.0-5.6,
    ISO800, S1/125, F4.4 , f282m, 補正 +1.0, 一脚

  お彼岸の頃、炎のような花弁をつける。「赤い花・天上の花」
  花言葉は、情熱・独立・再開・あきらめ・悲しい思い出・思うはあなた一人・また会う日を楽しみに。
(307)ダリア/ Dahlia
Dahlia
別 名:テンジクボタン(天竺牡丹)
科属名:キク科ダリア属, 花 期:春-夏-秋(6-10月)


 撮影日時・場所:2017.9/上、佐倉市・ふるさと広場
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix D Vario 35-100mm/F2.8,
    ISO200, S1/800, F2.8 , f207mm, 補正 +1.0, 手持ち

  ダリアには多くの品種があるが、このダリアは小柄の品種である。
  花言葉は、華麗。
(306)クズ(葛)/Kudzu, Kudzu Vine, Japanese Arrowroot
Kuzu
別 名:クズカズラ(葛蔓)
科属名:マメ科クズ属, 花 期:夏-秋(7-9月)


 撮影日時・場所:2017.9/上、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix D Vario 35-100mm/F2.8,
    ISO800, S1/2500, F3.2 , f207mm, 補正 0, 手持ち

  路傍、荒地の茂みに、紅紫色の花が時に葉の影に隠れて咲いている。根からとったでんぷんが葛粉、また乾燥した根が風邪薬の葛根湯。
  花言葉は、芯の強さ・恋の溜息・活力・治癒・根気・努力。
(305)アメリカデイゴ(亜米利加梯梧)/ Coral Tree, Lenten Tree, Tiger Claw
Amrika-Deigo
別 名:カイコウズ(海紅豆)
科属名:マメ科デイゴ属, 花 期:夏(7-8月)


 撮影日時・場所:2017.8/上、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Leica DG Macro 45mm/F2.8,
    ISO200, S1/400, F2.8 , f934mm, 補正 0, 手持ち

  南アメリカ原産の落葉低木。同属の沖縄県花でもあるデイゴは、インド、マレー半島原産で、落葉高木で、別種。因みに、アメリカデイゴは鹿児島県の県花。
  エギゾチックな赤い花は最初に見たときは強烈である。スィトピー、エンドウ、カラスノエンドウ、ハギ等マメ科の花であるが、アメリカデイゴの花は大きいので特にそう感じると思う。
  花言葉は、夢・活力・童心。
(304)サルスベリ(猿滑、百日紅)/ Crape Myrtle
Sarusuberi
別 名:ヒャクジツコウ(百日紅)
科属名:ミソハギ科サルスベリ属, 花 期:夏-秋(7-10月)


 撮影日時・場所:2017.8/上、千葉県・泉自然公園
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix G VARIO 1000-300mm/F4.0-5.6,
    ISO800, S1/200, F5.6 , f594mm, 補正 0, 三脚

  中国原産の落葉中高木で、庭や公園なでに植えられ、花の少ない夏場を彩る。
  白、赤、ピンク、紫の花を、夏から秋にかけて、つけるが、冬場の葉の落ちたすべすべのはだの樹形もよい。
  花言葉は、雄弁・愛敬・不用意・あなたを信じる。
(303)キツネノカミソリ(狐の剃刀)/ Red Heart Lily
Kitsune-no-Kamisori
別 名:-
科属名:ヒガンバナ科ヒガンバナ属, 花 期:夏(7-9月)


 撮影日時・場所:2017.8/上、佐倉市・西部自然公園
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix G VARIO 35-100mm/F2,8,
    ISO800, S1/400, F2.8 , f176mm, 補正 0, 手持ち

  ヒガンバナ科の多年草で、林縁や明るい落葉広葉樹林に生育。
  キツネノカミソリはお盆頃、ヒガンバナはお彼岸に花を咲かせる。名の由来は、花の形が剃刀に似ている、花が狐色であることからという。
  花言葉は、勇気・安息・保護・憂いを忘れる。
(302)コオニユリ(小鬼百合)/ Maximowicz's Lily 、Tiger Lily
KO-Oniyuri
別 名:スゲユリ(萓百合)
科属名:ユリ科ユリ属, 花 期:夏(6-7月)


 撮影日時・場所:2017.7/下、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix G VARIO 35-100mm/F2,8,
    ISO200, S1/2000, F2.8 , f124mm, 補正 0, 手持ち

  
(301)コオニユリ(小鬼百合)/ Maximowicz's Lily 、Tiger Lily
Ko-Oniyuri
別 名:スゲユリ(萓百合)
科属名:ユリ科ユリ属, 花 期:夏(6-7月)


 撮影日時・場所:2017.7/下、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix G VARIO 35-100mm/F2,8,
    ISO200, S1/2000, F2.8 , f208mm, 補正 0, 手持ち

  鬼百合より少し小ぶりなコオニユリ(小鬼百合)。
  畑を世話する老人は百合根を取るために植えており、今日明日中にも花は摘もうと思っていたとのこと。最高のタイミング。翌日、翌週、翌年は無くなったり、全く変わったりすることがある。
  花言葉は、情熱・賢者・陽気・愉快。

戻る/Return to Top


戻る/Return to Front Page


Taamchai Home Page Taamchai's Landscape of Thailand Taamchai's Landscape of China Taamchai's Landscape of Japan

inserted by FC2 system