Earth

『Taamchai: 日本の野草の四季(野草図鑑)』 を撮り集める中で、撮りためた写真のなかから『花ギャラリー/花写真』としてまとめた。ご笑覧いただければ幸いです。


- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13 - 14 - 15 - 16 - 17 - 18 - 19 - 20 - 21 - 22 - 23 - 24 - 25 - 26 - 27 - 28 - 29 -- 30 -

花 検 索(掲載した花を検索できます)

【日本の野草の四季(野草図鑑・花図鑑):花リスト】

(100)コステレツキア・バージニカ/ Seashore Mallow
Kosteletzkya virginica
別 名:-
科属名:アオイ科コステレツキア(Kesteletzkya)属, 花 期:7-8月


 撮影日時・場所:2014.9/上、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix G VARIO 35-10045mm/ f2.8,
    ISO400, f124mm,S 1/2000, F 3.2 ,補正 0, 手持ち

  ハイビスカスに似たピンクの可愛い花、日本に入って間が無いようで、花名も日本名はまだのようで、名前をウェッブで教えてもらった。謝謝。
 この花は花壇、切花として使われるようだ。
 アメリカの沿岸原産で、属名はまだ日本語名は無い。中国名はゼニアオイ属に分類、海辺ゼニアオイ(海浜錦葵)。英名はAshore mallow。
(99)ツユクサ(露草)/ Asiatic Dayflower
Tsuyukusa
別 名:アオバナ(青花)、ホタルグサ(蛍草)、ボウシバナ(帽子花)
科属名:ツユクサ科ツユクサ属, 花 期:6-8月


 撮影日時・場所:2014.8/中、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Leica Macro 45mm/ f2.8,
    ISO800, f90mm,S 1/640, F 2.8 ,補正 0, 手持ち

  一年草で、畦、道端、荒地等に、咲く。花は一日花で、朝露を受けて咲き出し、午後にはしぼんでしまう。
 路傍に咲く花の青さは鮮明である。青い花びらは染料にも使われたようだ、アオバナ(青花)は文字通り青い花。
(98)ニチニチソウ(日々草)/ Madagascar Periwinkle
Nichinichisou
別 名:ビンカ(旧学名)
科属名:キョウチクトウ科ニチニチソウ属, 花 期:7-10月


 撮影日時・場所:2014.8/中、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Leica Macro 45mm/ f2.8,
    ISO800, f90mm,S 1/800, F 2.8 ,補正 0, 手持ち

  マダガスカルからインド原産の多年草。花壇、鉢植えで広く植えられる。
 毎日絶え間なく新しい花を咲かせるところからニチニチソウ(日々草)の名前。白、紅、赤、ピンク等の花を咲かせ、特に花の少ない夏場から秋にかけて花を咲かす。
 ツルニチニチソウは別種(ツルニチニチソウ属)。
(97)オオケタデ(大毛蓼)/ Kiss Me over the Garden Gate, Princess Feather
Ooketade
別 名:オオベニタデ(大紅蓼)
科属名:タデ科タデ属(イヌタデ属), 花 期:8-11月


 撮影日時・場所:2014.8/上、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix G VARIO 35-100mm/ f2.8,
    ISO200, f180mm,S 1/2000, F 2.8 ,補正 0, 手持ち

  中国からインドのアジア原産の1年草。イヌタデ属の中では一番大きい。
 江戸時代に観賞用として渡来、現在は野生化して、道端、荒地、川原に生える。
(96)コオニユリ(小鬼百合)/ Maximowicz's Lily 、Tiger Lily
Lily
別 名:スゲユリ(萓百合)
科属名:ユリ科ユリ属, 花 期:6-7月


 撮影日時・場所:2014.7/下、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix G VARIO 35-100mm/ f2.8,
    ISO400, f200mm,S 1/640, F 2.8 ,補正 0, 手持ち

  花が一回り小さかったので、コオニユリとした。
 オニユリはムカゴをつけ、コオニユリはそれをつけないようで、区別できるとのこと、残念ながら確認していない。
(95)ヤナギハナガサ(柳花笠)/ Purpletop Verbena 、
Yanagi-Hanagasa
別 名:サンジャクバーベナ(三尺バーベナ)
科属名:クマツヅラ科クマツヅラ属, 花 期:7-9月


 撮影日時・場所:2014.7/下、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix G VARIO 35-100mm/ f2.8,
    ISO400, f200mm,S 1/640, F 2.8 ,補正 0, 手持ち

  
(94)ヤナギハナガサ(柳花笠)/ Purpletop Verbena 、
Yanagi-Hanagasa
別 名:サンジャクバーベナ(三尺バーベナ)
科属名:クマツヅラ科クマツヅラ属, 花 期:7-9月


 撮影日時・場所:2014.7/下、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Lumix G VARIO 35-100mm/ f2.8,
    ISO400, f200mm,S 1/500, F 2.8 ,補正 0, 手持ち

  中南米原産の帰化植物、庭にも植えられるが、道端や荒地にも見られる。
 紫色、ピンクの小さな5弁花を集合させて咲かせ、集合花を花笠、葉が柳のように細いことからが花名の由来。
(93)アメリカフヨウ(アメリカ芙蓉)/ Swamp rose mallow、
Amerika-Fuyou
別 名:クサフヨウ(草芙蓉)
科属名:アオイ科フヨウ属, 花 期:7-10月


 撮影日時・場所:2014.7/下、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Leica Macro 45mm/ f2.8,
    ISO200, f90mm,S 1/1250, F 2.8 ,補正 0, 手持ち

  アオイ科フヨウ属、詳細は(1)を参照ください。
 フヨウ(日本芙蓉)とこのアメリカフヨウは、間違いやすいが、葉の形状が異なり、アメリカフヨウは葉は裂け目の少ない卵形、フヨウは三裂する。アメリカフヨウはクサフヨウ(草芙蓉)といわれるのに対し、フヨウはモクフヨウ(木芙蓉)と言われる。
(92)ヒャクニチソウ(百日草)/ Common Zinnia、
Hyakunichisou
別 名:ジニア、チョウキュウソウ(長久草)、ウラシマソウ(浦島草)
科属名:キク科ジニア(ヒャクニチソウ)属, 花 期:7-10月


 撮影日時・場所:2014.7/中、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Leica Macro 45mm/ f2.8,
    ISO200, f90mm,S 1/1000, F 2.8 ,補正 0, 手持ち

  メキシコ原産で、観賞用として花壇などにごく一般的に栽培される。
 開花期間が長く、名前に由来。英名(Youth and Old)も、同様。
(91)サルビア・グラニチカ/ Anise-scented Sage
Salvia Guaranitica
別 名:メドー・セージ
科属名:シソ科アキギリ(サルビア)属, 花 期:7-10月


 撮影日時・場所:2014.7/下、佐倉市
 撮影データ:Lumix GX7, Leica Macro 45mm/ f2.8,
    ISO200, f90mm,S 1/125, F 2.8 ,補正 0, 手持ち

  南アメリカ原産の宿根多年草。暑さ、寒さに強く、地下茎で繁殖。成長が速く、草丈は1.5m程度に達し、初夏から晩秋にかけて3〜5cm程度の濃青色の唇形の花を咲かせる。
 紫色の鳥のくちばしのような花は特徴的。
 メドー・セージとも云われるが、日本だけの誤用のようだ。本来のメドー・セージ(Meadow Sage)はサルビア・プラテンティス(Salvia splendens)といい、サルビア・グラニチカ(Salvia guaranitica)より青い小花。

戻る/Return to Top


戻る/Return to Front Page


Taamchai Home Page Taamchai's Landscape of Thailand Taamchai's Landscape of China Taamchai's Landscape of Japan

inserted by FC2 system